若い頃の生活の為の借金

20代の半ばに結婚して当時は派遣社員として働いていたので、 裕福な暮らしはできず、当時はまだ有名ではなかったプロミスで 申し込みをして簡単にカードを作る事ができました。 最初は使うのに抵抗があり本当に必要な生活費をキャッシングで1万円、 翌月に返済という形で、収入の少ない私は本当に助かりました。 しかし、慣れて来るとプロミスの看板を見ると銀行感覚でお金を借り、 気が付くと10万後半位のキャッシングになっておりました。 ここで甘く考えていたのが、他の会社から借りて返せば何とかなるかぁと思って しまい、よそで借りてはプロミスに返し、またプロミスで借りては よそで返すというまさに首が回らない状況までになり、 プロミスを含むほか2業者からキャッシング合計200万円になっていました。 一時の間どこからも借入できなくなった時期に返済の催促の電話もでずに、 放置していたら利息がどんどん膨れて知らぬ間の借金でした。 使ってもないお金が150万近くの借金で将来真っ暗でした。


 

長すぎる返済期間

なんとか返済しないといけないので、色々調べて返済を1か所にまとめる事を知り 100万円分はまとめて実質2か所からのキャッシングをしている状態になりました。 まとめたのは正解で返済金額は大きかったですが、どんどん額が減っていき、 少し未来が明るくなった半面、まとめてなかったプロミスは毎月きちんと返しても 返済額がほとんど減らず、ほとんど毎月利息を返してる状態でした。 それでも諦めずに返し続けてまとめていた方のキャッシング100万円は完済して、 プロミスのキャッシング分も残り20万位にまでなり、 順調だったのですが、転職することになりまた、生活苦が戻ってきてしまい、 ダメだと思いながらプロミスのキャッシングに手を出してしましました。 そしたらあっという間に借入40万円になり、 二度とキャッシングには手を出さないと心に近い地道に返済し続けました。 そして、最初の借入から17年くらいでやっとすべて完済しました。