プロミスの審査が甘いのは確かだ

キャッシングサービスを提供しているプロミスは、審査が甘いという評判が良く聞かれます。実際に審査が甘いと感じられる部分は多々あるのですが、それでも最低限の審査は行っていると思います。当然ブラック扱いになっている方が借りられるわけもなく、信用情報を見つつも適切な判断はしているのです。 プロミスが甘いと思われている点は、まず収入部分での審査が甘いということです。意外と低収入でも借りられるようになっています。これはアルバイトやパートと呼ばれる非正規労働者でも利用できるようにするためで、限度額が低くても利用できるように設定していると見られます。 またキャッシングを沢山利用して貰い、プロミスという会社は使いやすいという印象を持たせたいというのもあるのです。そのため審査基準を他社よりも緩くして、簡単にお金を貸し出せるようにしています。こうした取り組みのお陰で、プロミスはそれなりに利用者が増えています。


 

甘いと言っても使える額は少ない

キャッシングを利用できるようになるのは簡単ですが、それは利用限度額が多い状態で利用できるということではありません。審査基準が甘いなりに、限度額での制限は設けられています。こうした部分で制限を加え、債務整理をされにくい状況を作っているのです。 プロミスのキャッシングは、総量規制の対象となっていますから、年収の3分の1までしか貸し出しが認められていません。そのため低収入の方でも利用できるのですが、利用限度額は相当低い状態となります。場合によっては30万円以下なんてことも十分にあるのです。 審査が甘いのは確かだと思います。甘いなりに制限は加えている感じなので、高額なローンが使えるんだという感じではありません。誰にでも使える状況と、沢山のお金を借りられるという部分は異なっており、両方を実現するためには収入を増やすことが必要なのです。 キャッシングはそうした部分で制限を加えながら、利用者を増やしていると思います。でも使えるだけでありがたいと思わなければなりませんね。